ヨガ教室.com

【オトコのヨガ】男性も通えるヨガ教室一覧と料金比較🔰

男性専用・男性も通えるヨガ教室の特徴と料金比較や服装、その効果など【オトコのヨガ】についてまとめました

ヨガ教室には女性ばかりいるイメージですが。。。
男性も「ヨガやってみたい」って人が結構いることを最近知りました。

男でもヨガって効果あるの?
周りの女性に嫌がられない?
男性が行けるヨガ教室ってどこ?
どんな服装ですればいいの?

などなど、男性の方からヨガについてのお問い合わせをいただくことがあります(ありがとうございます)。

ヨガ教室にはもちろん男性が通えるところもあって、なかには男性専用のレッスンやプログラムが用意されているところもあります。

このページでは、男性専用・男性も通えるヨガ教室の特徴と料金比較や服装、その効果など【オトコのヨガ】についてまとめました。

目次

男性にもヨガは効果があるのか

女性よりも効果の振り幅が広い…!?オトコにとっても感じられるヨガの効果はたくさんある

1番多く聞かれるのが「男がヨガやって意味あるの?」ということなのですが、女性と同じく男性でも感じられるヨガの効果はたくさんあります

調べていくと、実は”もしかしたら女性よりも男性の方が、効果の振り幅が大きいのでは…?”と思うほどなんですよね。笑

男性にとって、ヨガでどんな効果が感じられるか?をまとめてみました。

柔軟性が高まる

ヨガはほとんどの動きやポーズが体幹バランスと柔軟性で成り立っていて、これは硬く凝り固まった筋肉を緩める効果があります。

男性は女性よりも筋肉量が多く運動力も高いので、筋肉が凝り固まっている方が多いです。

だから関節も硬くなりがち。ヨガを行うことで柔軟性が向上すれば、凝り固まった身体がほぐれて疲れを開放できます

男性は休日にサッカーやゴルフ、野球などを楽しむ人も多いかと思うのですが、ヨガで柔軟性が高まることによって体の稼動域が広がれば、筋トレやスポーツ時の怪我を防ぐことにも繋がりますし、パフォーマンスも上がります!

体型キープ

ヨガはしなやかで整った体型が目指せる

年齢を重ねるとともに、男性も女性も体型が崩れていくのは避けられない現実…💦

女性は腰周りなどの下半身がふくよかになっていくのに対して、男性は腹部が増大していきます(簡単に言えば、お腹が出てきてしまう)。

ヨガは自重(自分の重さ)を使って体幹を鍛えます。

筋肉・骨格が強化されていくので、続けていくと姿勢が整い体型が引き締まっていくのを実感できます。

ベンチプレスなど加重による筋肉トレーニングは体全体が大きくなり手脚も太くなりますが、ヨガで1番使う部分が細くしなやかな筋肉:「赤筋(遅筋)」

これが鍛えられるといわゆる「細マッチョ」タイプの体型に仕上がっていきます。

目指す体型の好みや目標によっても違うとは思うのですが…、ヨガで作られるのはしなやかで整った体型と言われています。

集中力・生産性を高める

仕事にも良い影響が!ヨガの呼吸法はスゴい&リラックス効果も!

実は男性のヨガ体験者のなかで一番多い声がこの「ひらめき・持久力・生産性・集中力に繋がった」というもの。

ヨガのポーズは呼吸を同時にしていくのですが、その呼吸は「長息」とも呼ばれています。

基本的には5秒以上かけて吸い、5秒以上かけて吐く…という腹式呼吸で、たっぷりと空気を吸い込むことで気持ちを安定させたり、脳に十分酸素を送り込んで活性させていきます。

さらに、ヨガの「内なる自分を見つめる」という精神が日常や仕事の面でも役立ちます✨

初めてヨガに行く人は『え、何言ってるの?』『どういう意味?』『なんか怪しい』とか思うかもしれませんが…(;・∀・)
(私も思ってた)

【日常のいざこざをすべて忘れて自分の身体だけと向き合う】

こんなヨガの時間がリラックスできる場となって、職場や家庭では得づらい「本当の休息時間」を感じることができますよ~👍

胃腸の働きを整える

男性は仕事や人付き合いのストレスから、胃腸に負担をかけてしまう方がいます。

ヨガによって姿勢が整うと、筋肉が正しい位置に付き正しく体を支えてくれるので、これだけでも胃腸の位置が整えられて活性化します。

さらにヨガのねじるポーズやインナーマッスルを使って体幹を鍛えるポーズは、内臓や消化器官を刺激して胃腸の不調を整えてくれます

これらの効果をみていくと、男性アスリートや偉業を成した男性ビジネスマンが、本業と平行してヨガを実践しライフスタイルに取り入れている方が多いのもうなずけます。

運動不足を解消しながら仕事のストレスを開放し、さらには体型キープまでできるのはヨガの特権です✨

女性もいるヨガに男が行くと嫌がられる?

「全く気にならない」が半数以上。目を気にするのはもったいない❌

男性が行けるヨガ教室が増えてきたとはいえ、まだまだ女性が多いのがヨガの現場。

ヨガ教室に行ってみようかな、と思い立った男性が、ふと「女性からはどう見えているんだろう?」と、気にしてしまう気持ち。
すごくよくわかります💦

部屋は暗いし、女性もそこまで気にしていない

👇下記はヨガに通う女性136名に「同じヨガ教室に男性がいたら?」と聞いた回答結果です。

「同じヨガ教室に男性がいたら?」女性136名に聞きました 回答結果円グラフ

(調査期間2018年8月,Crowdworks)

調査によると、「全く気にならない」と答えた人が全体の半数を超えていました。

スタジオに入れば、各々それぞれ瞑想したり体をほぐしたり、シャーバーサナ(寝位)で心身を安定させながらレッスン開始を待ちます。

実際のレッスン中も、ヨガをやっている時には集中していますし自分のことでいっぱいで、ほとんど回りのことは気になりません

あわせてホットヨガ教室の多くはスタジオの照明も明るさを落としていますので、物理的にも周りの人はあまり視野に入らず、なおさら気になりません。

悪いことをしているわけではないし、女性の目を気にしてヨガに行くのをやめてしまうのはもったいないので、是非勇気を出して門を叩いてみてください🔰

どうしても女性の目が気になる方は、下記に男性専用ヨガ教室をまとめてみました👇

ヨガ初心者の男性向け・男性専用ヨガ教室の特徴と料金比較

男性向けのヨガ教室を展開している3つのスタジオを比較しました

男性でもヨガができる教室の代表格は、LAVA(ラヴァ)、カルド、ヨギーの3つ✨

3つすべてが全国展開をしていますが、すべての教室で男性OKというわけではなく、男性が行ける店舗が決まっているので注意!です。

各教室の特徴をまとめてみました😊

カルド

カルド 男性向けページのキャプチャ
【ホットヨガスタジオ「カルド」男性向け 基本DATA】
■教室数 全国60店舗以上(→近くのカルドを調べる
■特徴 施設の充実度・快適さNo.1/総合満足度No.1/友人・知人に薦めたいNo.1
※ホットヨガスタジオ部門(楽天リサーチ調べ)
■男性参加可能レッスン 全店舗中、約半数で男性利用OK
■男性限定レッスン 2018年8月現在なし
■体験レッスン料金 980円
■本入会料金 月4回/6千円~7千円台
フルタイム(全営業時間利用可)/9千円台~
(教室の場所により異なる)
■男性専用更衣室 男女共用店舗では全店舗で男性専用更衣室があります
■男性専用シャワールーム 男女共用店舗中、数店舗で設置していない店舗があります
■男性インストラクター 在籍しています

「カルド」公式サイトはこちら

LAVA(ラヴァ)

LAVA男性向けページのキャプチャ
【ホットヨガスタジオ「LAVA」男性向け 基本DATA】
■教室数 全国340店舗以上(→近くのLAVAを調べる
■特徴 「外見だけではない、内面の美しさ」を磨き、豊かな日々を送ってほしいという願いから、2004年に誕生。
■男性参加可能レッスン 全国各所122店舗が男女共用店舗(男女共用店舗数No.1)
■男性限定レッスン 男女共用店舗のうち、曜日を決め「俺スタ」と称して、男性限定のレッスンを開講しています。
通常のレッスンと比べると運動量や強度が高めで、筋肉強化を目的としたプログラムもあります。
■体験レッスン料金 926円
■本入会料金 月4回/9千円台~
フルタイム(全営業時間利用可)/1万2千円台~
(教室の場所により異なる)
■男性専用更衣室 男女共用店舗では全店舗で男性専用更衣室があります
■男性専用シャワールーム 男女共用店舗中、数店舗で設置していない店舗があります。
専用のボディシート有
■男性インストラクター 男性インストラクターの在籍数No.1です。
男性インストラクターのブログも公開されています。

「LAVA」公式サイトはこちら

ヨギー

ヨギー男性向けページのキャプチャ
【ホットヨガスタジオ「ヨギー」男性向け 基本DATA】
■教室数 全国25店舗(→近くのヨギーを調べる
■特徴 「Live Beautiful ~ここは、自分だけの時間~」をコンセプトに、ヨガ、ピラティス、ビューティ・ペルヴィス®(骨盤調整)の3つのプログラムを全国で展開するヨガスタジオ。
■男性参加可能レッスン どの店舗でも男性参加OK
■男性限定レッスン 主要数店舗で男性限定レッスンをつき1回~数回、定期的に公開する店舗が増えてきています。
■体験レッスン料金 1,500円
■本入会料金 月4回/1万円台~
フルタイム(全営業時間利用可)/1万6千円台~
(教室の場所により異なる)
■男性専用更衣室 全店舗に設置
■男性専用シャワールーム 全店舗に設置
■男性インストラクター 在籍しています

「ヨギー」公式サイトはこちら

各ヨガスタジオの比較

では、これらを一覧表で見てみましょう。

店舗数No.1
LAVA
安さNo.1
カルド
ヨギー
男性参加可能レッスン
全国120店舗以上

約半数(30)で可能

全25店舗で可能
男性限定レッスン
主要数店舗で定期開催
×
主要数店舗で開始
男性専用更衣室
男性専用シャワー
数店舗で設置なし
ボディシートの配布あり
男性インストラクター
体験レッスン料金 926円 980円 1,500円
本入会料金 月4回/9千円台~
フルタイム(全営業時間利用可)/1万2千円台~
月4回/6千円~7千円台
フルタイム(全営業時間利用可)/9千円台~
月4回/1万円台~
フルタイム(全営業時間利用可)/1万6千円台~
公式
サイト
公式
サイト
公式
サイト

□男性OKの店舗が多い&豊富なコース数➡LAVA
□仕事帰りなど気軽にかつ定期的に通いたい➡コスト安のカルド

がおすすめ🔰
(カルドは21時以降のレッスン数が多いため、ビジネスマンに人気です)

ヨギーはLAVA/カルドと比べて店舗数が少ないので、まず近くにあるかどうか?店舗所在地をチェックしましょう◎

服装はどんな格好で通えばいい?

最初は吸水性orはっ水性の素材のTシャツ+ハーフパンツがおすすめ

どんな服でヨガ教室って行けばいいの?
オトコってみんな何着てるの?

こんな質問も多いのですが、ヨガの服についてはあまり深く考える必要はなくて、下記の条件がクリアできてればなんでも良いと思います(*^^*)

  • 吸水性
  • はっ水性
  • 伸縮性

ホットヨガに適した服の素材は、汗を吸ってくれるものか、はっ水する(水をはじく)ものです。

このどちらかがないと、汗をめちゃくちゃかきますのでウェアが重たくなりすぎて動きにくくなります💦💦

伸縮性は特に大事!普段生活している時とは全く違うダイナミックな動きがあることがヨガの特徴です。

もし手持ちに伸縮性がある服がなければ、袖なしのウェア+ハーフパンツのような関節部分がフリーになっているものが良いです。

実際にスタジオで多く見かけるのは、Tシャツとハーフパンツスタイルの男性です。

女性はいかにも「ヨガ専用」というウェアを着ている方が多いのですが、男性は一般的なスポーツウェアの方が多いのであまり気合を入れたヨガウェアだと浮いてしまう可能性も(;・∀・)

体験のときは無難に吸水性orはっ水性の素材のTシャツ+ハーフパンツがおすすめです👍

メンズヨガウェア

男性がヨガをするときに使えるお手軽ブランドのウェアをまとめました

ヨガ専用のウェアを選ぶのも良いのですが、ユニクロやGU、GAPなど手軽な感じのアパレルショップでも使えるウェアがたくさんあります🌸

ユニクロのトップス・ボトムス(メンズ) GUのトップス・ボトムス(メンズ)

GAPのトップス・ボトムス(メンズ)

トップス

普通のTシャツタイプ

男性用Tシャツの写真
→まずは、手持ちの動き易いTシャツで十分です。
 ただし、汗を吸って肌にまとわり付かないように襟、袖の通気性の良いものがおすすめ。

吸水・撥水性の高いスポーツウェアタイプ

男性用・吸水・撥水性の高いスポーツウェアタイプのトップス写真
→これはピタッとした素材です。男性ウェアの中では比較的、体にフィットしたタイプ。
 スポーツウェア専用素材なのでピタッとしていますが、吸収・撥水性が高く伸縮性も抜群なので動き易いです。

稼動域が最大眼のノースリーブタイプ

男性用ノースリーブタイプの服の写真
→上半身を大きく使うときにストレスが無いのがこのタイプです。
 二の腕や肘で服がまとわり付くことがありません。

ボトムス

普通のハーフパンツ

男性用ハーフパンツ+レギンスの写真
→筒の広いハーフパンツだと逆転のポーズや脚を上げたときに下着が見えるのが心配💦という方は、下にレギンスをはくのがおすすめ。
これだと、汗をかいても腿にパンツがまとわり付くこともなく、ポーズに集中できます。

スポーツ用パンツ

男性用スポーツ用パンツの写真
→吸収性と撥水性があれば、長いボトムスでも大丈夫です。
トレーナー生地のスエットは汗を吸って重たくなったり生地から汗が滴ったりするので注意。

伸縮性スーツタイプ

男性用伸縮性スーツタイプのボトムスの写真
→比較的ピタッとしたウェットスーツのような素材の専用パンツ。
伸縮性抜群でどんな動きでもストレスフルに動くことができます😊


というわけで、オトコのヨガについて色々と書いてきたわけですが…ヨガを始めてみたい男性のみなさまに、少しでも役立っていれば幸いです。
あまり身構えずに気軽にヨガを始めてみてください🌸